​クラブ概要

◆学童保育とは

・学童保育とは
 保護者が働いている、又は、保護者の健康上の理由等から、家庭にいても放課後や長期休暇期間、5日制の土曜日等の保育が十分保障されない小学生児童に対し、家庭に代わる保育を行なう施設・事業の一般的な名称です。
 学童保育は、1960年代から働く父母たちによる設置運動が行なわれて各地に広がり、子供達の生活・遊び・学習等の活動に必要不可欠な施設となっています。
 1997(平成9)年6月に約50年ぶりに大幅に改正され、1998(平成10)年4月から施行されることになった児童福祉法で、従来「放課後児童対策事業」として厚生省が進めてきた学童保育を「放課後児童健全育成事業」という名称で制度化し、市町村および社会福祉法人やその他の者がこれを行うことが出来ると定めました。
 この法改正により学童保育は初めて法的根拠が明確になり、市町村が利用を促進する義務を持つことになりました。

新田仲よしクラブは横浜市が学童保育を設立した第一期(10施設)のうちのひとつとして、1963年(昭和38年)に開設した歴史ある学童保育です。

​◆運営及び組織

unnei&soshiki_560x420.png

保護者の皆さんのご協力が無い限り、仲よしクラブは運営出来ません。
積極的なご協力をお願いします。

◆個人情報保護方針

新田仲よしクラブは、個人情報の取り扱いに関して、その保護に関する方針を以下の通り定め、適切な取り扱いに努めます。

①  法令・法律の遵守と改善・改良
新田仲よしクラブの保持する個人情報について、適用される個人情報保護に関する法令・法律を遵守し、適宜その改善・改良に努めます。

②  個人情報の範囲
新田仲よしクラブで収集した、氏名・住所・電話番号・メールアドレス等で個人を特定できる情報を範囲とします。
(当該情報のみでは識別できないが、他の情報と容易に照合する事ができ、当該個人を識別できる情報を含む。)

③  適正な収集・使用と保護体制
個人情報は、収集する際に利用目的をお伝えし、適正な方法で収集を行ないます。又、個人情報は支援員・役員が管理し、適正な利用目的の範囲で使用します。主に以下を行なう目的の範囲内で利用し、本人(保護者)の同意なしに第三者に開示しません。

1) 地方自治体・関係省庁・学校・運営法人等関係機関への申告・申請・報告。
2) 保育・運営に付随する書類・業務等。
3) 保護者会連絡先一覧の作成。

◆新田仲よしクラブ 旧教室

kyuu-nittanakayoshi.jpg

◆アクセス

top_980x300_2022.png